2014年11月

気になる部位の完了コース

気になる部位の完了コース

(公開: 2014年11月27日 (木))

コストと効果のバランスが優れていて社員の接客も良いと評判の良いミュゼですね。脱毛を身近な存在にした中心的な会社であるでしょう。そんなミュゼプラチナムの脱毛エステの特性について少々取りまとめてみます。ミュゼの呼びものであろう、『脱毛完了コース』というプランに関しては評判が良いです。沢山の脱毛エステサロンとして飛び抜けて、期間と回数が制限なしの脱毛やり放題といったコースを講じているところは、私の知る限りではミュゼだけではないかと思います。Vライン・わきなど、特別気になる部位の完了コースというのはじつに気持ちが良いですよね。一方、全身脱毛に関してはどうかというと、本当に残念ですが「脱毛し放題コース」に当たっては今のところ無いです。近ごろ関心が集まっているうわさの「ハイジニーナ」脱毛に当たっては人によって差が著しいだけに、毛の太さなどを考えて検討するといいのではないでしょうか。脱毛施術の間隔的には2ヶ月に1度の脱毛の間隔が最上のペースなので、ざっと2ヶ月×脱毛回数分といった感じです。そして脱毛時間に関しては1つの部位でだいたい30分程ですので、学校の帰宅中でも行くことができ、とくに脱毛のお店にいく為に強引にスケジュールを空ける必要性はなくなりますね。評判高い無料のカウンセリングをネット予約するだけで、通常の脱毛の代金から値引されるというオトクなキャンペーンは必ずチェックしておくべき点です。月次で選ばれるさまざまなコースが、オトクな代金で手続きができる事が多いようですね。ミュゼプラチナムではこのほかにもおトクに利用できるキャンペーンを繰り広げているのです。ミュゼ リバーウォーク

せせらぐ

せせらぐ

(公開: 2014年11月 6日 (木))

先日、旬の俳優なんかが出演している中高生向けの恋愛映画が地上波で放送されていた。私はこういった類の恋愛ものを忌み嫌っており、全力で距離を置いている。ところが、リビングに寝そべった父がバッチリ観ていたのだ。父は恋愛映画が好きなわけでなく、「せっかく放送されているのだから観てみよう」というスタンスで、真面目な性格だからどれほどつまらないと感じても最後まで観る。父親が中高生向けの恋愛ものを観ていることに耐えられないものを感じた私は、一人で動画サイトの「川のせせらぎ」を聞いていた。バストアップマシュマロビーアップ

足場屋さん

足場屋さん

(公開: 2014年11月 4日 (火))

朝から倉庫行って積んで渋谷行って足場組んでる間目黒行って、

また渋谷いって屋根やって疲れた!階段何回もおお服しすぎて吐きそうになった。

そして大井町行って帰ってるなう。

足場3.jpg

参照:www.yotsubahome.co.jp

外壁工事とか足場が必須だけど、足場屋さんもいいとこ悪いとこあるみたいね。

せっかくお願いするのだから、ちゃんとしたところにお願いしたいよね。

埼玉県で足場屋さんを探しているならここがおすすめですよ。

埼玉県の足場工事なら中村工業

ぜひ参考にご覧くださいね。


気になる化粧品の試供品

気になる化粧品の試供品

(公開: 2014年11月 3日 (月))

シルキーカバーオイルブロック 試供品があるかな

と思ったのですが、無料で試せるのはないみたいです。

 

ただ、お試し版として、

安く提供されているものはあるみたいです。

 

無料ではないですが、これぐらいの値段で

たっぷりと試せるのであれば、

その方が効果を確かめるのには良いのかもしれません。

 

1回、2回で効果を実感するのは難しいですから、

ちゃんと確かめるという意味でも

こういう方がありがたいのかなと思いました。

とりあえず試してみたいです。

 

参照:illust-hp.com/img/skea1.png


最近こればっかり

最近こればっかり

(公開: 2014年11月 1日 (土))

つい最近座りっぱなしの状態から思いっきり伸びをしたら、思いのほか大きい音で体がパキパキと鳴ってしまい軽くショックを受けました。どんどん寒くなってきていますが、皆さんいかがお過ごしですか?さて、先日かなり久しぶりにゲームを購入しました。任天堂の大乱闘スマッシュブラザーズfor Nintendo 3DSです。同僚みんなが休憩中に持ち寄って遊んでいる様を見て羨ましくなり、私もつい買っちゃいました(笑)やってみると案外楽しくて、最近は仕事の休憩中も家でもこればっかりです。ゲームってなんでこんなに楽しいんでしょうか、ゲームは一日一時間!なんて言葉もありますが完全無視して遊んでしまっています、反省せねば。目指すは同僚と同じくらいに操作できるレベルになること!頑張ります。お嬢様酵素 販売店

リアクションが命

リアクションが命

(公開: 2014年11月 1日 (土))

私は出川哲朗さんがわりと好きだ。他にダチョウ倶楽部の上島竜兵もすきだし森三中もわりかし好きだ。 

でも、彼らがひどい目に遭うのはあんまり好きじゃない。 

でも彼らは「自分たちがひどい目に遭うと笑顔になる人がいる」と頑張って、それがアイデンティティでもあるのかもしれない。それが少し悲しい。 

 

リアクション芸はとても好きだ。出川が熱いものをアチチ、マジでアチーヨ、マジで!ってあわあわするとこは何度見てもなんか笑ってしまう。 

あと、ダチョウ倶楽部が「じゃあおれがやる」「いいや、俺、俺」「いや、俺が!」「どーぞどーぞ」とやるくだりや、竜ちゃんが「くるりんぱ☆…ウケねーじゃねーか!」と帽子を投げつけて半泣きになるのも好きだ。 

でも、それは出川哲朗や上島竜兵がひどい目にあってるから好きなのではない。 

 

私が好きだな、おもしろいなあ、と思うのは彼らが悲壮感たっぷりにやっているのにどこか生き生きしているところがひとつ、もうひとつは周りの人がみんな、彼らがリアクションできるように、それがウケるように、一丸となって盛り上げているところだ。 

 

「じゃあ俺がやる」ダチョウ倶楽部のリーダーが言えば、そこにいるタレントみんな、「いや僕が」「私が」ってやるし、竜ちゃんが「いいや、俺が」と言ったらみんな「どーぞどーぞ」ってやる。 

出川がほんとに大変だったんだって話をしたら、みんな「嘘でしょ?」「いやいや…」って出川が「リアルで」とか「ガチなんだって!」っていうまでからかう。 

 

自分だけ目立ちたい、って感じではだめで、みんなが番組を盛り上げたい、って気持ちがあって、自分が目立つかどうかより、全体を盛り上げている瞬間で、それがすごくスリリングでおもしろい。 

それで、たいがいリアクション芸人がどんなリアクションしていたか、見たあともしっかり覚えているのに、誰が彼らをいじめていたかなんて覚えていない。 

そういうのがリアクション芸だ。 

 

同じようなのに バレエの白鳥の湖がある。 

 

バレエの白鳥の湖では、クライマックスでものすごい数の白鳥の役の人が郡舞を踊る。一糸乱れぬ揃った踊りに圧倒される中で、ヒロイン、オデット姫の超絶難易度の踊りがはじまる。 

オデット姫は美しい舞を踊るのではない。苦痛で叫びたくなるような思いを、爪先の先まで満ちさせて苦しい苦しい踊りを踊る。 

オデット姫が倒れるまで踊りをやめさせない、とでもいうように、白鳥の群舞が圧倒的迫力で踊り続ける。 

音楽が終わったとき、観衆は群舞の一糸乱れぬ様も、オデット姫の超絶難易度の技も、なんにも覚えていない。 

頭の中にあるのはオデット姫の怒りや苦しみと、熱い気持ちの熱の気配の残りだけである。 

そうあって初めて、白鳥の湖は成功したといえる。 

 

リアクション芸もそういうチームワークの芸であると私は思う。 

 

リアクション芸人をいじめたらかわいそう、では彼らの居場所はなくなると、思っている芸人さんや、テレビ番組スタッフはたくさんいると思う。 

より彼らが苦しむような工夫をすることで、彼らに居場所を、と思っているスタッフやタレントさんもいるだろう。 

下手したらリアクション芸人本人もそう思っているだろう。 

でも、新しいいじめが残酷であればあるほど、視聴者は引いてしまう。それは視聴者が優しいからじゃない。そんな残酷な仕打ちに笑ってしまう自分が嫌な気持ちの方が勝つからだ。 

リアクション芸人がリアクションするいやなことなんか、お約束でいいし、ワンパターンでいい。 

熱湯風呂が出てきたら、それがぬるま湯でもええ湯加減でも、彼らなら笑わせて見せられるはず。 

そこをリアクション芸人本人も信じてほしいなと思う。 

 

たぶん、リアクション芸人たちは悲しいくらい一生懸命なのだ。それで、自分たちが苦しみを我慢するのがプロ根性、それができなきゃ芸人失格、と思っているだろう。 

バブルのときとかは、みんな享楽的で人の痛みに今よりは鈍感だったからそれでもウケたが、今は、みんな苦しみの中にいて、みんな疲労していて、みんな人の痛みに敏感だ。 

誰かが誰かをいじめるようなことをツイートすれば加害者を特定する者がいて、叩くものが出る。 

「泣ける」映画が流行する。 

 

 

みんな、優しくしてほしくて、みんな、だからこそ自分が「優しい人」でありたいと思っている。 

今はそういう時代だ。

 

そういう時代を生き抜くにはどうすればいいか、リアクション芸人さんたちはどこに居場所をもつべきか。 もうちょっと考えてみてほしい、とテレビ番組には願わずにはいられない。 

実態は分からないが、彼らがもし裏で栄養ドリンクとか精力増強の為の薬とかで、元気を付けているようなぐらいキツイ生活をしているんだったら尚更。

本当にリアクション芸人をいじめようと思ったら、彼らをドッキリなしで毎日かわいがり、もてなせばよい。あっという間に彼らは姿を消すだろう。 

 

でも、そうじゃない、本当にいじめたいわけじゃないなら、視聴者は何を望んでいるか、よく見て考えるべきだと思う。