株式投資

勝率3割

勝率3割

(公開: 2014年10月 1日 (水)

外国為替証拠金取引ビギナーが市場の重要なところを探すためには、学習を積み重ねることが大切です。

 

前もって危機を嗅ぎとるようにするようになるには、ポカを重ねる事も経験のひとつです。

 

無論、負けたといっても立ち上がれなくなるほど大きなミスをする事は問題外です。

 

取り戻せるほどのミスを何度も経験することが、最終的に己の経験値を高めてくれるはずです。

 

これを考えると、初めはわずかな資金で取引を行い簡単な失敗をすることをおすすめする。

 

例として、100万円だけしか投資資金がない状態でいきなり全部使ってエントリーすると負けた時、金輪際元に戻せない怖さがあります。

 

それならば、一例として少しずつ分けて注文して、勝ち負けを経験した方が少しずつ間違いをカバーする手法なども学習していくはずです。

 

最初は少ない額でエントリーする事の長所は前述したように、自らの実戦を増やし損を制御する手段を学習していく事にありますが、それと一緒に、売買の回数を積み重ねて、不確実性を小さくできるという価値もあります。

 

1度のエントリーで勝てる可能性が5割だとしよう。

 

言い換えると、同じく50%の確率で負ける危険性もあります。

 

勝率50%ということは二分の一の確率で利益が出る事を示しています。

 

だが、全部の資金を賭けてエントリーをするということは明確な勝ちか、負けのいずれかになります。

 

それでは単なる賭け事と同じです。

 

これは、全ての財産をつぎ込んで1度だけしか勝負しないと、これでは負ける比率が高くなってしまいます。

 

これを回避するために、投資するお金を1度に全部投入するのではなく何度かに分けて投資機会を重ねる事がリスク回避となります。

 

いくつかに分けたとしても、全てのエントリーで儲ける事は必須ではありません。

 

むしろ、全て勝つことは出来ないのが現実です。

 

取引で重要なのは勝つ確率ではなく、どのようにプラスに出来るかです。

 

勝ち負けが同じでも勝率3割でも利益を出す事は出来ます。

 

5割以上負けてもその収益が少額ならば少ない勝利の利益の大きさだけで相当利益を上げられます。

 

そのために必要な事は、損失を小さく、利益を大きくを気をつけておくことです。

 

損失が出たら即損切りし、逆に勝った場面では大きく儲けることがFX取引ビギナーがFX投資で勝つための神髄です。

 


テスト

テスト

(公開: 2014年9月23日 (火)

テスト記事です。