ダイエット

下半身のスタイルキープの秘訣は、運動とモチベーション

下半身のスタイルキープの秘訣は、運動とモチベーション

(公開: 2014年10月 7日 (火)

暑くなり肌を露出する季節になりました。

肌が出ているとどうしても目がいってしまうのが脚ですね。

脚を細くする為に私は週に2回ほどしっかりと歩くようにしています。

今では隙間がなかった太ももにわずかですが、隙間ができるようになりました。

時間がない人は毎日の生活の中に歩く習慣を取り入れるといいと思います。

通勤で隣の駅から歩いてみるとか、スーパーに歩いてみるとか。

やはり歩くことはスタイルキープの秘訣です。

しかし、ただ闇雲に歩くだけではなく、しっかりと下腹部に力を入れて筋肉を意識するように歩くと同じ時間歩いていても筋肉を意識しているとしていないでは、下半身の締まり方が違ってきます。

歩くことが一番、脚を引き締める効果的な方法ですが、自分のスタイルに気を配ることも重要です。

家に自分が全身映る姿見があることで自分のモチベーションを保っています。

少し運動から遠のいていて脚が太くなってきたなーと感じたらすぐに調整するようにしています。

そうすることで多少、脚が太くなってきていても取り返しが付かなくなる前に対処できるのでオススメです。

ママのダイエット日記


たしかダイエット成功したんじゃ

たしかダイエット成功したんじゃ

(公開: 2014年9月26日 (金)

食生活と体操を使ったダイエット法がまさに、痩せる必要なポイントです。

 

長距離マイペースで走ることやウォーキングが痩せる運動とされていてよく見られるのようですがそれ以外にも多くの手法があります。

 

自宅近くのスポーツジムに通って長距離水泳やエクササイズを月曜から日曜までの一定の曜日に通うと定めた手法が絶対的なケースも見られます床掃除や庭いじりなんかも体を動かすことと考えられますしスポーツをする余裕がないという女性は帰宅後の体の曲げ伸ばしやダンベルトレーニングも効果があります。

 

全身が必要としているカロリー量増加させることが絶対に体重を減らすやり方の1つと言え一般的な人が消費するエネルギーの約70%は基礎代謝に当てられます。

 

肉体が生命機能の維持を営む時に欠かせないのが基礎代謝なので個人差がある上個人の歳に応じた特徴があります。

 

筋組織はエネルギーを多く使用する部分なので運動などをして筋組織を増大させる時エネルギー代謝も高くなります。

 

体重が減ることを目標とするなら新陳代謝を高めて熱量が燃焼しやすい体の構造を準備し、カロリー消費が盛んな体質に生まれ変わるのが効果的と考えます。

 

エネルギー消費が良く熱量が燃えやすい体の仕組みに変わることが必ずウェイトダウンする早道です。

 

新陳代謝上昇する成果がある活動としてはウェイトトレーニングや歩くことが人気です。

 

長時間歩くこともダンベルトレーニングも酸素をたくさん取りこむ運動体脂肪を減らす活動であり、ウェイトダウンする効力も期待大です。

 

長々と1つの訓練を実施することが苦手なら、歩くことや泳ぎや長距離走など有酸素系の運動にチャレンジしてみれば効き目が望めます。

 

短い期間ですぐに効き目が期待できるようなスリムになる手法ではありませんが確実な結果を期待してウェイトダウンに取り組む際酸素をたくさん取りこむ運動を毎日行うことは大切です。


テスト

テスト

(公開: 2014年9月23日 (火)

テスト記事です。